スリランカのゆるーい歩き方               Featuring ダンブッラ&シーギリヤ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有名ブランド食器を買う

スリランカでショッピングというと、どうしてもコロンボのショップになりがち。確かにおしゃれなお店が集まるのはコロンボなのですが、ダンブッラ近郊に、ここだからこそ、日本が誇るある有名ブランド品が、ものすごく安く買えるスポットがあります。今週末、思い立ってショッピングに行ってきましたので、ご紹介します。


そのブランド品とは、ノリタケの食器。
高級陶磁器で有名なノリタケ、日本のみならず、世界でも人気がありますが、それがスリランカとなかなか結びつかないことと思います。実はスリランカでは、陶磁器に適した粘度などがとれることから、陶磁器が盛んに作られています。
そしてノリタケの工場が、ダンブッラ近郊にあるのです。
工場があれば、隣接されるのは・・・・、ファクトリーアウトレット!



「ノリタケ ファクトリー アウトレット:Noritake Factory Outlet」
アクセス:ダンブッラからキャンディ方面行きのバスに乗車
      マータレーの町を過ぎて5,6分後、左手に大きな看板が見えてきます
      その看板を通り過ぎて約1kmの交差右手に、また看板が見えたら、そこでバス下車
      看板の矢印の通り、右手の小道を歩いて約1km、左手に見えてきます
アドレス:Warakamura, Matale
Tel: 94-66-224432 / 2244127 / 30



Noritake gaikan
アウトレットショップ外観
ここまで歩いてきた小道は、この先にノリタケのショップがあるなんて、とても思えない田舎道 
突然、きれいなショップがでてくるコントラストが不思議です



店内は、正規品とアウトレット品との両方が販売されています。
正規品でも、日本の半額程度の値札がついていたように思いますが、さらにアウトレット品は、信じられない価格で購入できます。
実際、はじめて行った時には、まず店内の光景が信じられませんでした。



Noritake tennai1
アウトレット品が並ぶスペース



スーパーの陶器市を思わせるこのディスプレイ方法にまず驚きます。(ちなみに、お店を入ってすぐの正規品のコーナーは、ショールームのように美しいです。全部陶器市なわけではありませんので。。)そして価格を見てさらに驚きます。例えば、今回購入したものの一例。(日本価格はきちんと調べてません、目安です、すみません。。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・カップ&ソーサーのペア(ポートショアという、小さなフルーツ模様がかわいい、おそらく目にすることの多いものです)
   ・・・1,104ルピー≒900円 日本では5,000円くらい?
・コーヒーカップのペア(ハミングブルーという水色がきれいなカップ)
   ・・・374ルピー≒300円 日本では5,000円くらい?
・スクエアプレート(京香旬菜という、お野菜が書かれた和風のお皿)
   ・・・204ルピー≒170円 日本では2,000円くらい?
・サラダディッシュ(とはいってもディナーディッシュとして使います)
   ・・・342ルピー =約300円 日本では2,000くらい?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



この価格を見ると、ちょっと重くても、買って日本へ持ち帰らねば、と思いますよね!
私も、やはり持ち帰らねば!と思ってしまい、上記以外にもいろいろと購入しました。日本への帰国まで、大事に眠らせておきます。



Noritake boxes
こんなふうにきちんと梱包してくれるので、日本へ持ち帰るのも安心です。
ぜひダンブッラからキャンディへ行く途中には、ノリタケのアウトレットに寄ってみてください!




インドから帰ってもうすぐ2週間がたってしまいます。ブログに書きたいなーと思いつつ、なんだかうだうだしていたら今になってしまいましたが、気が向いたときに、観光情報を書きたいと思っています。南インドは、町の中はヒンディーではなくタミル語ばかりが目につき、なんだかスリランカの町の風景に似ているなーと思いました。アジャンタ、エローラも噂に違わぬよいところで、仏教遺跡好きにはたまらないと思います、。貴重さとしてはアジャンタのようですが、私はエローラの方が好きだなーと思いました。

スポンサーサイト

クルネーガラのおしゃれな雑貨屋さん

前回、ダンブッラの素敵な雑貨屋さんとしてご紹介したSelynというお店。実はこのお店、ダンブッラのホテル内にあるのはほんの小さなお店で、クルネーガラが本店。
スリランカの伝統的な織り布を使った雑貨や衣類、ぬいぐるみ等を製作、販売しています。しかもこの製品、デザインが素敵なだけではなく、お店のコンセプトがもっともっと素敵。クルネーガラの女性、主に主婦の方々が織る布を使って作られていて、製品の販売自体が女性たちの収入向上につながっているのです。もちろん、織った布で製品を作るのも、女性たち。


実はこのコンセプト、規模はずっとずっと小さいですが、私のダンブッラでの活動の1つと重なります。ダンブッラ、シーギリヤの女性たちと一緒に、スリランカの民族衣装であるサリーを再利用して、サリー雑貨を作っています。これをご紹介するとながーくなるので、また改めて書くことにしますが、そういうわけで、Selynの工房と本店を見学に行ってきました。



Selyn(Show Room)
アドレス:Colombo Road, Wanduragala, Kurunegala
アクセス:クルネーガラからコロンボ方面行きバスで約15分、左手(看板あり)
電話:037 2232188



Selyn gaikan
お店の外観
おしゃれなスリランカスタイルの一軒家のようです



Selyn tennai
明るく清潔、そして見やすい店内
商品のレイアウトも美しく、こんな部屋にしたい!と思ってしまいます





お店の裏手が工房になっていて、商品を見ていると、奥のほうから「キー パッタンパッタン」という物音が絶えず聞こえてきます。厚かましいかなーと思いながらも、お店の方に頼んで奥を見学させて頂きました。




Selyn kobo1
機織り中、スリランカの伝統的な手法
このような機織り機がたくさん並んでいました



Selyn kobo2
糸巻き中?



見学の後、オーナー夫妻にお会いし、お話をさせて頂くことができました。1991年に始まったこの事業、当初は働く女性たちは5名、お店も数畳という小さな小さな規模で始まったということです。今では、ここで製作された製品は主にヨーロッパを中心に輸出されていて、工房で働く女性は、現在310人にもなるということです。オーナーがこだわる「クオリティ」を、妥協せずに追求した結果が、海外での成功につながっているのだと感じました。スリランカでクオリティを求めるのは本当に大変で、まず作り手の方々になぜそれが大事なのかを理解してもらうところから始まると思いますが、この工房の女性たちは、皆まさに職人。彼女たちの作るものの品質に自信を持っている様子が伝わってくる、とても気持ちが良い工房でした。



ここで織られた布は店内で販売もされています。色とりどりで美しく、用途もないのに買ってしまうのです。また、その布で作られた雑貨のカワイイこと!同じく用途も考えず、買ってしまいます。


Selyn waving  Selyn keytags
ここで織られた布、色とりどりで美しい!/動物のキータッグ



コロンボ方面からダンブッラなどの北部へお越しの際は、ぜひこのSelynのお店に寄ってみてください。コロンボロード沿いにあるので、アクセスはとても良いです。お店の方に頼めば、奥の工房を見せてくれることと思いますので、ぜひ声をかけてみてください。そして工房の様子を見たならば、ついつい買い物が進んでしまうことと思います。


ラマザン(イスラム教の断食明けのお祭り)のおかげで、スリランカは3連休でした。連休最終日の今日は、ダンブッラに日曜日にたつ市場に行って買い物。この市場、日用品から野菜、衣類、なんでもあるのですが、今日の目当ては古サリー。とっても格安で手に入ります。古いといっても、新品同様、ほぼ未着用、値段は正規の半額~安いものは1/10くらい、150ルピーから手に入ります!ダンブッラに日曜日滞在される方は、ぜひお寄りください!

ダンブッラの雑貨屋さん

前回ご紹介したように、今ショッピングがアツイ、ダンブッラ。今日はステキな雑貨屋さんをご紹介します。この雑貨屋さん、コロンボにあっても何の遜色もない位のおしゃれ具合で、反対にダンブッラでちゃんと売れてるのかなー、と心配になってしまうのですが、対象は完全に外国人ツーリストなので大丈夫なのでしょう。私は友人へのプレゼントなどが入用のとき、便利に使わせていただいています。


GIMANHALA HOTEL・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ギマンハラ・ホテル内のお土産屋さん」
住所:754 Anuradhapura Road, Dambulla
*ダンブッラの町中にある唯一の中規模なホテル
*アクセスが良いバジェットホテルですが、
   小ぶりでもステキなプールがあります、客室もシンプルながら快適
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Gimanshop gaikan
外観(今年1月に撮影したため、まだNEW YEARとX`MASの文字が。。)
いつもはもっと落ち着いた外観です



Gimanshop tennai
定員のお姉さん、彼女はとっても美人でスタイルがいい!!
着用中のシャツも商品、えりとボタンの具合がカワイイ!
カラーも各種揃っているのですが、この黄色と白のストライプが気に入り、先日買い求めようとしたところ、黄色は売り切れで、あるのは鮮やかな黄緑色のみ・・・、いわゆるスリランカっぽい色。。黄色の入荷を待ちます!



Gimanshop kaeru1
カエルーーーー!!
私はかつて、旅先にてカエルグッズを収集するくせがありました
スリランカはかわいいカエルが少なかったのですが、このこたちは合格!!



Gimanshop tori  Gimanshop zo
吊るしてかざると揺れるぞうさんたち/お座りゾウさんたち
ゾウグッズが多いのは、シーギリヤがゾウで有名だから、というのは余り関係ないそうです
できれば関係づけて商品展開してほしいものですが。。



いかがでしょうか?このお店なら、日本に持ち帰りたい!と思うお土産が見つかりそうだと思いませんか?
このお店の素晴らしいところは、商品のセレクトだけではなく、そのディスプレイ方法だと思います。例えば、ご紹介したカエルたちは小さなカゴに入れられていて、「こんなふうに飾ったらカワイイかも!」と思わせますよね。揺れるゾウさんたちも、きちんと揺れる特性がわかるように、階段の手すりから吊るしているのです。日本では当然と思われるこれらの工夫、スリランカでできているお店はなかなか少ないのです。。ダンブッラの町にはここだけと言ってもいいかもしれません。
しかし郊外の高級ホテル併設のお店はセンス良くつくられています。ホテルでできるなら、町中でもできるでしょ!と思いつつ、お土産屋さんの店内改善のアドバイスも、私の活動のひとつなのです。




明後日、4月8日は、スリランカでは総選挙。週末のコロンボでは支持者による会合や、候補者の演説会等など、総選挙ムードたっぷりで町中の警備も厳しくなっていました。当日や開票日やその後しばらくは出歩くことを避けようと心に決めてダンブッラに帰って来たのですが、余りの穏やかなな様子に拍子抜け。。やっぱり少しは下移出してもいいかな、と心を変えてしまいました。

ダンブッラのセレクトショップ

最近、ダンブッラでのショッピングがアツイのです。
これはひいき目ではなく、日本人の知り合いが遊びに来た時など、ショッピングに案内するとみんな大満足で買い物をするのです。最近私の開拓したお店は3店舗。うち2つは洋服屋さんで、もう1つは雑貨屋さんです。中でも、洋服屋さんの1つが大変にクオリティが高い!!オリジナルのものも作っているのですが、経営者の姉妹が、コロンボから、これだと思ったものを取り寄せているそう。ここは、ダンブッラのセレクトショップなのです。


Thambapanni Shop&Gallery・・・・・・・・・・・・・・・・・・
場所:ダンブッラの町から徒歩7分
    クルネーガラロード沿い、コロンボに向かって左手
商品:衣類が中心、雑貨や絵画などもあり
特記事項:オリジナルTシャツ等が作れます!
      シンハラ文字で、かわいいチームTシャツなどいかがでしょう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


DB Thanbapanni kanban
セレクトショップ看板


DB Thanbapanni gaikan
セレクトショップ外観
店内はそんなに広くなく、日本のコンビニ弱くらいの広さ?


DB Thanbapanni tennai
店内は、ちょっとした雑貨や絵画も置いています


DB Thanbapanni fuku1  DB Thanbapanni fuku2
左:着用していないのでわかりにくいのですが、ラインのきれいなブラウスです
サイドのギャザーがこんなにかわいく入っている服、スリランカでは珍しく、もちろん購入!
右:スカートとガウマ
ガウマとは、スリランカ女性の生活には欠かせない普段着兼パジャマのような服で、ゆったりしたワンピースです
このガウマ、両親が遊びに来た際、母親が余りのかわいさにこのお店で5枚、大人買いしていました(大人買いといっても、1枚300ルピー程度なのですが)


DB Thanbapanni fuku3  DB Thanbapanni fuku4
左:シーギリヤレディのプリントTシャツ
ツーリストも意識してます シンハラ文字で「スリランカ」と真ん中にあるのがかわいい!
右:ベビー用のワンピース
べビー服がとても豊富なのも特徴で、あまりのかわいさにうっかり無用でも買ってしまいそうになるのです


DB Thanbapanni bag
ショップバッグ
オリジナルのこのバッグ、コロンボでもこんなにセンス良くつくられたものは少なく、このお店の感動ポイントの1つでした


このセレクトショップだけでも、けっこうショッピングが楽しめそうだと思いませんか?ダンブッラでショッピング、新しいです!次回は雑貨のショップのほうをご紹介したいと思います。そちらもレベル高いですよー。


最近、サーフィンを始めました!始めて初日でハマってしまったのはいいのですが、南の海岸は4月までがシーズン。。東海岸は過去の内戦地だったこともあり、現状私は行くことができません。こんなにハマった揚句、あと1カ月しか通えないなんてガッカリすぎるのですが、シーズンがまさに終わるときまで、通ってみようと思います。いつかご紹介しますね。

スリランカ式SA in ダンブッラ

象さんダンブッラで最も多くのツーリストが訪れる場所は?
もちろん、ダンブッラ石窟寺院、通称ゴールデンテンプルでしょう。
では、その次に多くの人が訪れる場所は??



はい、考えても出てこないことと思います。それが正解。「ない」のです。
実際にはいっぱいあるのですが、日本で唯一出版されているスリランカの観光ガイドブック「地球の○き方」にも、どこを探してもないのです。あのバイブル書にないのだから、もう石窟寺院以外に、ここには観光名所はないということになっているようです。

しかし、ないわけがないじゃないですか。日本だって、小さな村が観光で村おこしなどする際、「よくぞこれを観光地と称したものだ」というべき川やら山やら公園やら、悲恋の伝説が残っていそうな神社やら、とにかく使えそうなものは「観光名所」ということになりますよね。小さな村でもそのように観光名所ができ上がるのです。ここ世界遺産の街ダンブッラとなれば、ないわけがないのです。

そこで、石窟寺院以外の観光名所をご紹介、本日が第一弾。
題して、

象さん「ローカル御用達のSAへゆこう!
    ~ショッピング&ランカスイーツを堪能 ~」


SAとは、もちろんサービスエリアの略語。日本ではおなじみのこれ、スリランカにもあります。スリランカは、鉄道が全土に網羅されているわけではなく、また所要時間も非常に長いため、バスでの旅というのが一般的です。そのため、長距離バスでの休憩場所=SA は、数多くあるのです。

ここダンブッラのそれは広大な敷地を誇り、バスも8台は容易に停められます。通常は1~2台のこじんまりしたところが多いので、もう8台なんて数字は、日本では海老名級です。さらにダンブッラのそれは、石窟寺院から徒歩5分!ディズニーランドの隣にマンモスSAがあるようなもの。最高の規模と立地なのです。


Dambulla parking
ダンブッラのマンモスSA 広大さは伝わりますかね?


ところで、日本のSAでは、みなさん何を目的に立ち寄りますか?旅先での立ち寄り、と限定した場合に、私が思うベストスリーは以下なので、以下ベストスリーと決定します。
1.お手洗い
2.食事
3.お土産



それでは、スリランカ、特にマンモスSAであるダンブッラのSAに当てはめて考えてみましょう。

1.お手洗い
存在はする、がないものとみなす。
とにかく、考え得る範囲の綺麗ではないトイレを想像してください。実物はその想像物のさらに上をいきます。写真の掲載は控えます。このSAでは決してトイレには行きません。

2.食事
食事はとれません。1件カレーを出すお店がありますが、だいたいシャッターが下りている。このSAでは食事はしません。

では、トイレもなく、食事もできなく、じゃあなにをするのか、というと、3.お土産が、前2つの欠点を補って余りあるほど、充実しているのです。

3.お土産
約20件、お土産屋さんとちょっとしたお茶を出すお店がひしめいています。
平日は閉店するお店も多いものの、週末はすべてオープンし、にぎわいます。

Dambulla school trip
スクールトリップで石窟寺院参拝に来た子どもたち、一心不乱にお土産を物色する様子


Dambulla miyagemonoten1  あるお店
Dambulla miyagemonoten2 お店はだいたいこんな感じ

このような、キッチューな雑貨がざくざく出てきます。このレトロ感、もはや日本ではなかなかお目にかかれないでしょう。私のお気に入りは、ファンタのビーチボールです。下の写真右、オレンジファンタのものを愛用中。

余談ですが、スリランカではコーラと並んでファンタの知名度が異様に高く、たいていのお店で飲むことができます。ビーチボールになって商売が成り立ってしまうくらいに人気なのです。


象さん次はランカスイーツ。
お土産としても重宝するうえに、その場で手軽に食べられるのがこちら。
dodoru.jpg


上方に陳列された茶色い物体に注目。その名を「ドドル」。
もう名前からして、おいしくなさそうですよね。本当に思います、この名前が良くないと。ドドルは、日本のようかんやういろうに近い食感。が、味はまったく別物。初めて食べた時は、ようかんを期待して食べたため敢え無く1口で断念、、、しようとしたら、それをくれたランカ人の「どう、おいしいでしょう、これが私たちの国の名物ドドルよ」という期待の眼差しにこたえるべく、2切れを食べました。が、2切れはきつい。形容するなら、「黒砂糖がぷりぷりになった異様に甘い食べ物」、というところでしょうか。

しかし!慣れると癖になるとはまさにドドルのこと、今では自ら購入して食べます。というわけで、初体験の方は、1度で諦めたくなるのですが、ぜひ数回食べてみてください。そのうちおいしくなってきます。


こんなにも満喫できそうなSAの場所は、ダンブッラ寺院を背にして少し直進し、ぶつかった道路沿いに右手に約5分歩いたところ。バスが停まっているので(バスがなければぽかんと空き地になっているので)すぐにわかることと思います。

以上、ダンブッラ石窟寺院参拝のあとは、当SAでお土産を物色し、ドドルを食べ、ローカル体験するのが楽しい、というお勧めでした。


あひるスリランカのSA、場所によっては食事がとれて、お手洗いも使えるレベルに達しているところもけっこうあります。ダンブッラも、大きいだけでなくもう少し設備を整えたらいいのに、と思っています。この設備だから、ツーリストはあまり使ってくれない、という現状はお店の方々も理解しているようではあるのですが。。今後の向かう先に期待です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。