スリランカのゆるーい歩き方               Featuring ダンブッラ&シーギリヤ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震のこと

東北地方太平洋沖地震と名付けられた地震から、2日が経ちました。

報道では、 3,000人以上の方が犠牲になるだろうとのこと。
だんだんと明らかになる被害状況を聞くたびに胸が痛くなりつつ、まだ日本で起きた現実のことであるとゆう実感が伴わないでいます。

ここスリランカでも国民的な関心ごとになっていて、スマトラ沖地震での津波を経験したことも大きいのでしょう、みんな本当に心配して心を痛めてくれています。政府は日本へ支援金を送ることを決定したと、本日報道がありました。(日本では外務省のプレスリリースにアップされていなかったので、まだ正式にオファーされていないのでしょうか。それにしても、これだけ諸外国が援助を申し出てくれているとはありがたいことです。)


昨日の全国紙「ランカディーパ」でも一面はこの地震でした。
Japan earthquake1


Japan eartuquake2



第一報を聞いたのは、母親からの電話でした。「今すごい地震が起きたけど、うちは今のところ大丈夫だから安心して」とのこと。外出先でとった電話だったためすぐに切ってしまい、大きな地震とは言っていたけれど、ちょくちょく用事もなく電話をくれる母のことなので、大して気にはしていませんでした。しかしその後すぐ、スリランカの知人からじゃんじゃん電話がかかってきます。テレビ局に勤める知人が初めに電話をくれて、わかっている状況をおしえてもらったところ、どうやらただごとではなさそう。帰宅して大家さんの家でテレビを見ると、すぐには信じられない光景に唖然としました。日本の皆さんはあの日からずっと目にしていることと思いますが、町が大きな波に飲み込まれる光景・・・。また、ニュース番組内では、「日本」とは報道されますが、なかなか震源地やその映像の具体的な地名が挙げられず、一体どこなのかとやきもきして見ていました。


本当に悲しい出来事で感想の述べようもないのですが、せめてひとつ良いことを書きます。まず、スリランカでは、会う人会う人みんなが自分のことのように心配してくれていること。そして、会ったこともない私の家族の安否を気にして、普段あまり電話などしない友人までもが電話をくれること。地震当日、こちらで報道があった直後は、大げさでなく電話が鳴りやまないという状況でした。普段はスリランカ人との人間関係の近すぎる距離感に辟易、、ということも多いのですが、今回は本当にありがたく感じました。帰国を前にして、この距離感に感謝できてよかったなーと思います。



今は遠い異国から何もできませんが、せめて犠牲となられた方々に心よりご冥福をお祈りし、また被災され辛い状況で過ごされている方の状況が早く良くなるよう願っています。



帰国日まであと1週間となりました。水曜日にダンブッラからコロンボへ引き上げるのですが、とにかく荷物の整理が未着手!部屋が住んでいるままなのです。たった今、段ボール1つとスーツケース1つ分をまとめてみました。が、まだ先は長い。キッチンもそのまま、開けていない物入れもあります。あと2日間で、どうにかしなければ。。

スポンサーサイト

異常気象

今週末のダンブッラは、土曜日と日曜日ともに、久々に晴れていました!
2日間雨を見なかったのはどれくらいぶりでしょう、久しくこんな日はありませんでした。家々ではここぞとばかりにシーツや洗濯物を干したり、しけりっぱなしだった炊事用のまきを調達してきたりと、なんだか町全体が嬉しげな様子でした。

スリランカでは、各地で時期外れの大雨に見舞われていました。特にダンブッラは、日本でも「スリランカで洪水」と報道されていたようですが、まさにその通り、洪水でした。シーギリヤの方ではたくさんの家が、またダンブッラのタウン周辺でも家や学校、病院などが浸水し、大変な騒ぎ。浸水した地域の家々では、家具を家の外に運び出すのに一苦労、そして雨が止んだらその家具の掃除や水浸しの家の掃除に、また苦労、と、とにかく大変だったようです。
食事を作ることのできない家もたくさんあったようで、地元の企業や様々な団体が、炊き出しを行っていたりもしました。洪水の様子など、実際に見たのは初めてだったので、本当にこうなってしまうのだー、と驚きました。


いえ、様子を実際に見たどころか、実は特に被害がひどかった日に、特に被害のひどかった町に居合わせたのでした。


1月の1週目の週末はバッティカロアで。
ホテルに滞在し1夜明けてみると、道路も橋も封鎖され、ダンブッラに帰るどころか、滞在していたホテルから1歩も出られない状況。。それでも町に出れば帰れるのではとホテルを出て、ひざ下まで増水した道を歩いていると、なんと増水のため存在が見えなくなっていた側溝にハマり、全身が水の中へ。ちょっとしたプールより深かったです。あまりに突然で事態が全然のみこめていなかったのですが、ヤバイ、と思ったのでしょう。情けないのですが「ヘールプ!」と叫んでいたようで、まわりのおじさん2人が駆け寄ってきて、救い出してくれました。大きなケガなど何事もなく本当によかったです。バッグごど入水したわけですが、持っていた電化製品、カメラと携帯電話とアイポッドはもちろん機能停止し、何よりそれが1番ショックでした。。しかし!数日の「うちに、すべてがなぜか機能回復。カメラなどは1週間後に突然、何事もないかのような動きをし始め、本当に本当に不幸中の幸いなのでした。

Kozui Batti
不幸1.バッティカロアの様子



そして先週、シーギリヤで。この日は奮発をして、ラグジュアリーなホテルに滞在していたのです。しかし1泊した翌日、朝からだんだんと雨が強くなってきて、ホテルを出る頃にはどしゃぶりに。ホテル前の道路が増水し、川となり、ふつうの車は通れなくなってしまいました。またもホテルに缶詰です。チェックアウトから待つこと1時間半、5分でくると言われたホテル手配のジープが到着し、まぁ帰ることはできました。

kozui Sigiriya
不幸2.シーギリヤの様子



年明けから、本当に何か憑いているのではと思うほどの不運具合なのでした。



Kozui Kandalama
そしてこれはつい3日前、カンダラマにある橋の様子。
湖が増水し、橋に溢れているのです。乗っていた車がバンだったのでよかったですが、セダンなら引き返していたでしょう。。


この雨、先日のテレビの報道では5月まで続くと言っていました。。雨季は1月で終わるはずなのに、本当に異常気象なのですね。帰国まであと1カ月半、もう雨では困りたくないのですが。。こんな雨で、せっかくシーギリヤにきたツーリストの方々は、ロックに登ることができずに本当にかわいそうです。早く、暑くて乾燥して日中は外にいられないようないな、でも気分は晴れやかに過ごせる例年の気候に戻ってほしいものです。



ダンブッラのテクニカルカレッジに、1月から韓国人の男の子(ずいぶんと年下なのです)がやってきました。自動車整備のコースを教えています。スリランカ生活でお互いの困る話などをしていると、言葉、食事、習慣や文化の違いが、出てくること出てくること。隣国の韓国と日本は、やはり文化が近いのだなーと感じます。和食が食べてみたいとのことで、今日のランチを我が家にて。お礼に、韓国海苔を頂きました!これはうれしい収穫!早速明日、白ご飯といっしょに頂きます。

続きを読む

最近のババアのこと

ほんのちょっと前まで、私の部屋で食べ散らかしたり、おもらししたり、水遊びしたり、わんぱくの限りを尽くしていたババア(=シンハラ語で赤ちゃん)。そのババアが、一緒に過ごしたこの1年の間に、目を見張るような成長をしていて驚きます。おもらしは、庭ではするけれど、もう部屋ではしません。いたずらも、見つかって悪いとわかると、すまなさそうに謝ります。何か欲しいものがあれば、たいていの場合は「ちょうだい」、と手に取る前に許可を求められるようになりました。もう勝手に私のバナナをむしゃむしゃする現場を取り押さえることはありません。


ほんとうに、すごい進歩!子どもの成長を見るのっておもしろいなーと実感しています。他人のスリランカ人の子どもがこんなにおもしろくてカワイイと思えるとは、生活を始めた当初はまったく思い至りもしませんでしたが。。


最近のババア 
ちょっとした木には登れるようになりました!前は駆け足もうまくできなかったのに!
Baby2 tree


でもかなりのマザコン(スリランカ人男性は全員そうですが・・)
Baby2 akka




成長もするはず、出会ったとき2歳に満たなかったババアですが、つい先日3歳の誕生日を迎えたのです。
子どもの誕生日は、一家、というより、親戚一同・近隣住民の大きなイベントです。スリランカでは人生の節目で日常的に行う星占いにより、縁起の良い時間を占い、その時間に誕生日パーティ(この場合はケーキカット)を始めます。


バースデイケーキ 見た目は良いが、ものすごおく甘い
Baby2 cake



ケーキカット!!              おじいちゃんに、「あーん」してあげるところ
Baby2 cakecut Baby2 kawanawa2



従姉妹たちにも、「あーん」してまわります
Baby2 kawanawa2


スリランカでは、誕生日の本人がケーキを切り分け、その場にいる全員にケーキを一口ずつ食べさせていく習慣があります。大人が食べさせてくれる場合はいいのですが、小さな子どもにケーキを食べさせてもらうのは大変。。握りつぶしたケーキが落ちる前にかろうじて口で受け止める、という参事になります。でも列席者はおかまいなしに、笑顔で食べます。私も笑顔で食べました。
ちなみに、バースデイケーキはお祝いする人が用意してくれるのが日本ですが、こちらでは誕生日の本人が自分で買ってくるシステム。職場で大勢に配る場合などは、大量のケーキを持参して出勤することになるのです。

でもプレゼントをもらえうのは万国共通のよう。私は、スパイダーマンの絵がついたサンダルをプレゼントしました。スパイダーマンがそれと認識されずに悲しかったのですが、少し大きめのサイズを買ったサンダル、早く履けるようになってもっともっと上手に走り回る姿が楽しみです!また成長をご紹介したいと思います。


明日から、ウェサックという大きなポーヤ(満月の祝日)に絡んで、4連休のスリランカ!昨年はウェサックにどっぷり浸かって過ごしましたが、今年はデニヤーヤ(先輩隊員さんがいます)&シンハラージャ国立公園(スリランカ唯一の世界自然遺産)に行ってきます。連日の豪雨で、無事にシンハラージャを探検できるのかが不安ですが。。

先週末の過ごし方

象さん家族や友人から、「毎週末何してるの?」と頻繁に聞かれます。スリランカのこのような田舎町で、2日間もの週末を過ごせるのか、という疑問がわくのは当然と思います。しかし、自然は多いし、見るべきところの多いダンブッラ、今まで暇を持て余した週末は、実は1度たりともありません。「暇でしかたないでしょー」と、心配そうに聞いてくださる皆さん、ごめんなさい。週末もけっこう楽しく過ごしています。

しかし、いつもいつもダンブッラの自然と仏教寺院の中に身を置いて、週末を過ごしているわけではありません。週末の過ごし方が充実していると、日々の活動にも張りがでるというのは、日本と同様。なので、ダンブッラでのヒーリングバージョンの休日と、大都会コロンボでのリフレッシュバージョンの休日、どちらも必要なのです。


象さん先週末は、典型的な「リフレッシュバージョン」の週末を過ごしました。

11/28(土)
お昼過ぎまで活動をし、昼食のあと、ミーリガマへ。ここのカレッジでコンピューターの先生をしている同期の家へ、遊びに行ったのです。ほかにも同期が遊びにきていて、3人で彼女の家にお泊りです。日本人女子3人集まると、もちろん夕食は「和食パーティー」です!!

今日のメニュー:お赤飯、チンジャオロース、ラーメン。
miwakeyushoku.jpg
何とも、組み合わせなどまるで無視のメニュー。おしゃれさのかけらもありません。各々が食べたい物を持ち寄って食べたい物を作った結果、こうなりました。でも、知人の方々、安心してください!日本食も食べてますよー!



特に、このラーメンの完成度を見てください!
ramen.jpg
日本産の麺はやっぱりおいしいですね。実は私は、ラーメンが恋しくなると(というか週に1回は)、「重層ラーメン」なるものを食しています。重層でゆでたパスタは、化学反応によりラーメンのような風味を持つのです。これを鶏がらで醤油ベースのスープなど作って食べると、まさにラーメン。私も実際に食べるまでは胡散臭い話だと思っていましたが、今では、このトリビアをおしえてくれた同期に大感謝!!



11/29(日)
朝、電車に乗って3人でコロンボへ。この日は9:00という早い時間からコロンボでミーティングがあったので、朝の通勤電車を体験しました。というより、スリランカの電車は2度目の体験なので、わくわくです。一人写真を撮りまくっていると、他2名は電車慣れしているため、さっぱりしたもの。悔しいですが、ダンブッラまで電車が通っていないので、これは負け戦。お上り感丸出しで、写真撮影に専念するよりほかはありません。


ミーリガマ駅/チケット売り場
miligamaeki.jpg mikigamaekikaisatsu.jpg


切符/ コロンボのフォート駅に到着した電車
mikigamaeki kippu mikigama densha




象さんさて、今日の一大イベント。
スリランカで初めての体験!映画館です!!


今日はすでに名作と呼びたい「This is it!」を観賞。
Livertyeigakan.jpg


Liverty michel2 Liverty michel
マイケルはここスリランカでも大人気なのです。
私たちのテンションは、等身大マイケルを見て最高潮に。うっかり、このようなうかれた写真撮影に励んでしまいました。もっともっとうかれた写真もあるのですが、遊んでばかりと思われるのもなんなので、掲載は控えました。左はミーリガマの同期。


Liverty bindu
うかれたついでに、只今大流行中のスリランカムービー「ビンドゥ」の看板前でも1枚。ビンドゥとは小象の名前で、看板から察するに、小僧と子どもたちとの触れ合いがテーマのハートフルな映画だと思われます。違ったらごめんなさい。


さて、映画のほうはもちろん素晴らしく、やはりマイケルは神でありました。日本での公開を見逃してしまったならば、ぜひDVDでご覧ください。
そして映画の内容と同様に感動を覚えたのは、スリランカの映画館のレベルの高さです。実際、映画の上映中などは、すっかり自分が日本にいる気分で、映画半ばで突然の休憩(ランカの映画館はなぜか途中で休憩をはさむ、ミュージカルのようです)があってはっと我に返り、自分の居場所を認識しました。売店ではポップコーンにコーラ、なんとビールまでも販売しています。もちろん日本式に(というか実は米国式ですよね)、ポップコーンとコーラを持ち込んで鑑賞し、これも居場所錯誤に一役買ってくれました。

このように快適で日本気分を味わえる空間ならば、もっと早く映画館通いを始めればよかった、と大変口惜しいのですが、今後は上述のビンドゥをはじめ、どんどん映画館へ行こうと決意を固めた1日でした。

さて、「リフレッシュバージョン」の週末の締めくくりは、中華料理です!
海辺のレストランの雰囲気は抜群、日本人に食べなれた中華料理、ダンブッラでは自主禁酒しているためコロンボのみ解禁のお酒、そして気の置けない仲間。
完全にリフレッシュして、ダンブッラに戻ることができた週末でした。
でもこれだけ楽しんだ翌日に家に帰りつくと、不思議とほっとしている自分に気付きます。住めば都のこの家とこの町、すでに私にとって安心できる場所のひとつになっているのかなー、なんて思います。
何はともあれ、知人の皆さん!私もけっこう文明的・都会的な暮らしをしたりもしているので、ご安心ください!


あひるこれを書いている今日はスリランカ時間では金曜日。明日から週末。そして明日も用事がありコロンボに行くのです。同期の誕生日をお祝いに行きます。今回同期が数人登場しましたが、彼女たち5人(珍しいことに全員女性!)がいるから、日々の活動ががんばれている、と言っても過言ではありません。みんな個性の違ったおもしろい5人、ゆくゆくご紹介したいな、と思っています。

大家さんと私

象さん今日は、「スリランカにおける外国人の下宿の実態」をお知らせいたします。
つまるところ、私の家についてです。

私の家は、ダンブッラのタウンから徒歩20分位、比較的便利な場所にあります。
敬謙な仏教国であり、家族制度が昔の日本のように残るスリランカでは、家族のもとを離れた女性が一人暮らしをするなどあり得なく、学生さんも仕事で家を離れるOLさんも、寮または下宿という形をとるのが一般的です。なので、私もスリランカ人のお宅に下宿しています。

住居は、アネックスと呼ばれる、「大家さんと同一建物内に別の独立した住居がある」、というタイプ。しかし契約形態はアネックスであるものの、生活形態は、もうこれはホームステイと呼びたい。

・大家さんの家と我が家を仕切るものは、壁でもドアでもなく、シースルーカーテン、だいたいまくり上げられている
・我が家のくつろぎの場リビング、私がくつろいでいる時間より、大家さんたちがいつの間にかくつろいでいる時間の方が長い
・我が家の玄関は大家さんのもの、大家さんの玄関も大家さんのもの、出かける方向によって、二つの玄関を自由自在に使い分けている様子
・我が家のほうきは大家さんのもの、大家さんのほうきも大家さんもの
(以下、ほうきの部分にいろいろな単語を当てはめることができる、例:お茶っぱ、いす・・・)

これが、「別の独立した建物」に住む場合起こり得りますか?ないですね。即答です。
アネックスとは名ばかりで、ほとんど同じ住居内に住んでおり、上記の如くプライベートは皆無です。



※スリランカの公用語 シンハラ語では、小さな子どものことを「ババァ」といいます。それを踏まえて以下をお読みください。


象さん決定的に大変なもの
それは、ババァの存在。2歳。好奇心旺盛な盛りで、何にでも手を伸ばす。さらに悪いことに、一人で移動することができるので、我が家に勝手にやってくる。


曇2ある時は、
私「あれ、1本残ってたはずのバナナがないー??」
ババァ「アンチー(お姉ちゃん)!おかえり!」と、私のバナナをむしゃむしゃしながら出迎えてくれる


曇2またある時は、
バスルームからジャージャーと蛇口の水が流れる音
私「水漏れかも!!」(水漏れは、停電、断水に次ぎ、頻繁に起こる我が家の災害のひとつ)
ガチャ、と開けるとそこには全裸のババァ
ババァ「アンチー!ダック、ダック!」と、私のあひるのおもちゃ(あひるこういう水に浮くやつ)と勝手に水浴び中、そして水浸し


最近は、化粧品にご執心の様子。見つかると口紅やらマニキュアをぬってあげるまで自宅に帰らないので、極力見えないように隠しておく。またノートやペンを見つけると何か書かずにいられないので、これらも隠しておく。


そして最大の災いは、ババァのおもらし。(注:ババァ=赤ちゃんなので、あしからず)
幾度となくやられました。
特に机の下に潜ってやられたときは、確信犯だと思いました。潜っていた机からそっと出てきて、音もなく自宅へ帰るという、明らかに不審な様子、、、すでに大量の放尿後でした。歩いた跡もおしっこだらけ。そしてその後はババァのおしっこをふくために、机に潜りこむ私。


ここまで書くと、とんでもないババァかと思われそうですが、




Baby room
私の部屋の前にて だいたい上半身裸、ときどき全裸


Baby car
3輪タクシーでお出かけのため、上機嫌

こんなにかわいいんですよぉー!!
だから、おもらしにも盗み食いにも目をつぶり、仕事帰りにはお菓子でも買って帰ろうかなー、なんて甘やかしちゃうんですねー。


Baby akka
なぜか女の子用のドレスに着せ替えられている 左は母親=大家さん


物申し始めたらきりがない環境ですが、ただいま「住めば都」を実感中。
大家さんご夫妻はとても良い方々だし、特に奥さんは私の年齢の1つ上、とても気さくに話せます。そしてババァもかわいいので、私のスリランカ生活は上々なのです。ローカルな体験ができる機会も多いので、同居はけっこうお勧めですよ!いずれ、大家さんご夫妻もじっくりご紹介しますねー。

あひる住めば都とはいっても、住んですぐには都にはなりません。なら初めから都に近い物件を探すが勝ち。もしもスリランカで下宿先を探すことになった方、住む前には内覧をすることを、強くお勧めします。またダンブッラ方面で下宿先をお探しの方!よろしければ内覧に同行いたします。むしろ下宿先、ご紹介いたします。そんなレアなケースに見舞われた方、ぜひご連絡ください。

ちょっと、登録してみました↓↓
人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。