スリランカのゆるーい歩き方               Featuring ダンブッラ&シーギリヤ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のためにできること

東北地方太平洋沖地震の被災者の方々へ、LakLiyaのメンバーにも何かできないか、考えました。

2004年のスマトラ沖地震で津波被害を経験したこと。
いっしょに活動をする私たち日本人の故郷であること。
親日家の多い国柄。

こういった理由もあり、また、助け合いの精神が根付いている国だから、今回の日本で起きたことは、まさに他人事とは思えほど心配してくれています。

「少しの助けでもできたらうれしい」ということで、今回活動の中で得たお金の中から、少しの募金をするということになりました。金額は2,400ルピー。日本円にすればほんの2,000円程度。しかし毎月の収入が10,000ルピー以下で家族全員が暮らしていたりというメンバーにとっては、2,400ルピーはほんの少し、という金額ではないでしょう。このお金は、日本赤十字に募金することになりました。


LakLiya at Sigiriya
LakLiyaのメンバーたち。


スリランカでは、日本のために、日本人のために、本当に心を痛めてくれている方々がたくさんいます。私の大家さんは、「食料を送りたい」と本気で言ってくれました。「甘いビスケットなどがいいのではないか」と。食べることがとても大切なことであるスリランカでは、食料が足りなくお腹をすかせているという状況をとてもかわいそうに思うようです。この言葉は本当にありがたく、うれしく思いました。ほかにもたくさん、応援メッセージを受け取っています。


こんなに遠く離れた国から、日本の被災者の方々のことを思って小さな行動を起こしたことを、決して取るに足らないことなどと思わず、ほんの小さな思いやりや、小さな決断と行動の積み重ねが、被災地の方々の状況を良くするのだと信じたいと思いました。


今日の深夜、3/22に日付が変わった頃に、スリランカから日本へ出発します。この2年間を思うと、なかなか言い表すことも難しいですが、一番思うことは、何事もなく健康で任期を終えられることに本当に感謝しなけえればということ。
ダンブッラからコロンボへ引き上げて職場や大家さんとの別れを済ませ、いよいよ出発という今でも、まだ帰国の実感がないのですが、実感するのは帰ってからなのでしょうか。しばらくは、朝起きた時に、ダンブッラの自宅で目覚めた錯覚をするのだろうなーと、少し寂しく思ったりしています。とにかく、スリランカから書くブログは、これで終わりになります。読んで頂いた方々、ありがとうございました。が、続編があります!また日本から情報発信していきたいと思います。


スポンサーサイト

ショップビジット

サリー小物のLakLiya、現在ダンブッラ・シーギリヤエリアのホテル5軒と、お土産物屋さん1軒で販売中です。先日、メンバーのみんなで、それら販売先のショップを訪問してきました。目的は3つ。まず第一に、私たち日本人の帰国後は、彼女たちが販売先との折衝をすべて行うことになるので、担当の方々との顔合わせ。次に、販売先のショップは、どれもかなりのハイエンドなホテルばかり。そんなに素敵なところで売られているのだなーと、実際に見て自分たちの商品と活動に自信を持ってもらうため。そして最後に、楽しいから!車をチャーターしてドライブするのは、もう気分は遠足です!しかも地元の方々にとって、高級ホテルに堂々と入れる機会はなかなかありません。この機会に楽しんでしまおう、ということなのです。



Shop Visit2
ショップマネージャーさんの話を聞くメンバー、予想外に真剣です!




Shop visit1
「私が作ったの!」と、メンバーのマノリさん
彼女は、この活動をする前は完全に専業主婦でした。お裁縫の学校を出てはいましたが、残念なことに技術を活かせていませんでした。今では、メンバーの中でも、毎月のお給料額トップ1または2です!




Shop visit shugo
シーギリヤロックをバックに集合写真
日本式写真撮影「ピース」は、みんなの得意技。


ちなみにここは、シーギリヤロックを裏から眺める、写真撮影スポットです!遺跡公園内の正面からの眺めももちろん綺麗ですが、このスポットは、湖と木々と岩とが一体となった景色で、個人的にはこちらのほうが大好きです。場所は、ダンブッラからシーギリヤに着いたら、そのまま遺跡公園に入る道を左手に見ながらまっすぐ進むと、徒歩7-8分で小さな広場に出ます。その付近が、この撮影スポット。左に行けばホテルシーギリで、エレファントサファリの乗り場やスリーウィルの停車場もある、ちょっとした広場というか交差点というか、とにかく進めばここにしか行き当たらないので、迷うことはなしです。ぜひ写真を撮りに訪れてみてください。


ショップビジットは、無事に楽しく帰ってくることができました。カンダラマホテルでは、行ったそばから新しいオーダーをいただきました!しかも、「こんな製品作れない?」というオファーも!早速サンプルをいくつか作って、提案をすることになりました。やっぱりセールスは、実際に足を運んでお客様と直に話をするのが何より優先だと実感。会いに行かないと、チャンスもチャンスになる前になくなってしまいます。何事もタイミングが大事、そしてタイミングはこちらが動かなければそれと気づかず流れていってしまうもの。これは大事なので、日本に帰っても忘れないぞと心に決めました。


メンバーたち曰く、「今後は自分たちでオーダーのお伺いや納品をできるよ」、とのこと。以前は「できないー」発言の連続だったので、大変心強いです!しかし、もちろんそう簡単にはいかないであろうことは予想ができますが。。
今日もちょっと事件。今日はお給料の支払い日でした。ちょっと前までは私が計算していたのですが、今はアカウントグループの担当メンバーが行います。そこで、計算ミスが3人分も発生。生産者さんたちが自分でつけている納品ノートの金額と、アカウントで計算した金額が大きくずれているのです。原因は調べてわかったからよいものの、1人は約2,000ルピー(約2,600円)も少なく計算されていました。この地域では、お手伝いさんの日給が1日500ルピーくらい、それを考えると大金なのです。これにはみんな抗議の嵐で、嵐が起きるとすべての作業がストップしてしまうのでした。
ただ、この調子でもどんな調子でもいいので、とにかくみんなで協力して、この活動を継続させてほしい、と本当に本当に思います。帰国まで、ミーティングは残り1回!来週がラストです。寂しさはすごくあるけれど、この際別れを惜しむよりは、がんばって続けてね、というメッセージをひたすら送ってこようと思います。



今日は家から一番ご近所、というか徒歩30秒のお寺で、プージャーがありました。菩提樹の下に布をひいて座り込み、お経をひたすら唱えます。聞きあきたなーと思ってしまうこのお経も、もうすぐ聞けなくなるのかと思うと感慨深く、冷たい地面も蚊に刺されるのも気にならず、ちょっとした瞑想タイムを持つことができました。プージャーのあとはベリマルと呼ばれるお花のお茶を頂きます。これももう飲めないのだなーと思い、2杯おかわりしてしまうのでした。「もうできないかも」という気持ちは何事も前向きにとらえさせるようです!


ラクリヤ商品②

ダンブッラ・シーギリヤで、サリー小物をつくっている女性グループ、ラクリヤ。
前回は小さな小物3点ををご紹介しましたが、今日は新しく2点をご紹介します。

「サリーパッチワーク」のバッグとポーチです。
商品の特徴1.デザイン・・・サリーを小さなピースにカットした飾りを施してあり、さりげないサリーピースがかわいらしい!
商品の特徴2.材質・・・本体は、生成り生地なので、とにかく丈夫、ものをどんどん入れられます。

この2点以外の商品はすべて、本体もベルトやひもなどの付属部分も、サリー生地から作られています。
では、なぜこれらは生成り?これら商品は、「ツーリストの方々が、スリランカ旅行中に身の回りの物をどんどん入れて、便利に持ち歩けるバッグを作りたい!」と思ったことから始まりました。みんなで作ったバッグを持ったツーリストさんが、ペットボトルなど入れてシーギリヤロックを登ったりなんかしたら、素敵だねー、という具合です。たくさんのツーリストに持ってもらうには、ツーリストに最も関わりのあるところに売り込むべし!ということで、リランカのJetwing Travelという旅行会社さんにセールスをしていました。ツアーのお客様たちに、ウェルカムキットの1つとして、バッグをプレゼントしては?という提案。しかも会社名の刺繍入りのバッグにしたら、旅行中に持ってもらうだけでも、宣伝効果アリです。
果たして提案は受け入れられ、彼らの要望は「肩からかけられる丈夫なバッグ」でした。確かに、観光中には荷物も多いし、雑に扱ってしまうこともあるし、サリー生地だと繊細すぎるかも?ということで、丈夫な生成りにサリーピースの飾りをつけたバッグが出来上がりました。つづいて、おそろいの雰囲気のポーチも作ってみたところ、なかなか好評で、このサリ-パッチワークシリーズが出来上がったのでした。



Lakriya Patchwark2
パッチワークバッグ
カットしたサリーピースをたくさんつなげたリボンがかわいいんです。リボンは何枚ものサリーを切り取っているので、カラフルで個性的な雰囲気。JetwingTravelさんには肩掛けタイプのバッグを作っていると書きましたが、ホテル内のお土産屋さんに置いているのは、このベルトの短いトートバッグのタイプです。


Lakriya Patchwark3
つないだピースがすべて違うので、リボンの雰囲気でバッグの雰囲気もいろいろ



Lakriya Patchwark1
パッチワークポーチ
裏と表に、模様違いのサリーを飾りました。2つの表情を持つポーチです。こちらもとても丈夫なうえに、マチも十分にとっていますので、収納力もあり!化粧品を入れてコスメポーチとしたり、文房具入れとしたり、たくさんの物をがしがし詰め込んで使ってください。


私は、このパッチワークシリーズがとても好きです。リボンの雰囲気が1枚1枚違っていて、選ぶのが楽しいこと。そして何より、たくさんのものを入れて持ち歩いても何も気を使わなくていいこと。ほかのバッグなら、八百屋さんで買った野菜をそのまま入れたら、きっと泥もついちゃうし、、、と思って結局ビニールバッグをもらいますが、これなら汚れも重さも気にせずに、ショッピングのサブバッグに重宝するのです。しかも日本では、このサリーパッチワークの雰囲気はないのでは?


と、とにかくこの商品を褒めまくりましたが、もちろんいいことばかりではありません。
ちょうど先週、件のJetwing Travelさんの担当者さんから、クレームのメールが!!納品したばかりのバッグの中に、他よりもベルトが短いものが数点混じっていた、とのことなのです。寸法に関しては、何度も何度も注意をしてきたこと。商品として売るからには、同じサイズで同じ方法で同じクオリティを保たないといけない、と、生産者さんたちも理解しているはずなのに。。最後のチェックで、バッグのボティ部分しかチェックしなかったこちらもよくなかった、と反省です。
何より、短くなった原因を突き止めなければ、と早速ミーティングで事情を話し、1人ひとりから、何センチメートルで測っているかヒアリング。すると、みんな同じ答え、みんな正しい長さ、1.4mで作っていたのです。
うーん・・・、お手上げだー、と思っていると、1人女の子が言いました。
「1.4メートルということは、センチメートルに計算したら120センチでしょ?」と。

??  いやいや、1.4メートルは140センチ、これは計算式もなにもいりません。しかし彼女は彼女なりの計算式を持っていたようで、なぜかメートルをセンチに換算すると、短くなると信じていました。原因がわかったのでヨシとなりましたが、メンバーの中で最年少、未婚で学校で学んでいたのもつい最近のことのはず。これでいいのか、ランカの学校教育、と考えてしまいました。

ちなみにJetwing Travelさんは、今回の短いバッグはこのまま配るので、今後改善されれば問題なし、という何ともありがたい態度。交換も必要なしのとことでした。何より、まったくお怒りではないので調子が狂います。このゆるーい感じがスリランカだなーと思いつつ、日本に帰って仕事をする自分が、ストイックな姿勢にすぐに戻れるか、と非常に疑問に思ってしまうのでした。戻れないでしょうね、すぐには。



先週のスリランカは飛び石連休で、金曜日をお休みすると5連休!もちろん金曜日はお休みをとり、何とも幸せな1週間を過ごしました。その5日間で、アーユルヴェーダのドクターのところに、修業に行ってきました。通常2週間のコースを、朝から夕方までみっちりやって、5日間に凝縮。いろいろなマッサージ方法が登場しとにかく混乱続きでしたが、とっても濃厚な研修を受け、お客様に施術もできるようになりました。こんな見習いの身で、施術してしまっていいのかどうかは大いに疑問でしたが。今後もドクターと連絡を取りながら、いろいろ学んでいきたいなーと思います。

グループ名発表&商品紹介①

ダンブッラ、シーギリヤの新しいお土産物を作るべく、地域の女性たちと一緒に、
サリー製品を作っています。前にお知らせした販売先に加え、ダンブッラの町にある唯一の2つ星ホテル、ギマンハラホテルのお土産物やさんでも、今年の1月から販売を開始しました!これで、この地域で当商品を販売しているホテルは、以下のようになりました。

・ギマンハラホテル(Gimanhara Hotel) / ダンブッラ
・カンダラマホテル(Kandalama Hotel) / カンダラマ
・アマヤレイクホテル(Amaya Lake) / カンダラマ
・ジェットウィング ヴィルウヤナ(Jetwing Viluyana) / シーギリヤ
・チャーヤビレッジ(Chaaya Village) / ハバラナ

うーん、なかなか増えました。ダンブッラに来たらこれを買わなきゃ!となるのは近い将来だといいなー、と思う今日この頃です。


さて、この活動をしているグループの名前が決まりましたので、発表いたします!!(実は昨年にはできていたのですが・・。)メンバーとじーっくり話し合い、決まった名前。話し合い当初は、聞いてびっくりの妙な名前ばかりが挙がり、このまま決まらないのではと心配もしましたが、決まってよかったです。

その名も、LakLiya:ラクリヤ です。
由来はもちろんシンハラ語。
Lak:ラク・・・スリランカの
Liya:リヤ・・・女性 

「私たち、はスリランカ人女性であることを誇りにし、スリランカ人女性の文化を活かした、スリランカ人女性にしかできないオリジナリティのある製品をつくります」、という意味が込められています。
日本語にしても、ラクリヤ、と呼びやすいし覚えやすくて、響きもかわいいかな、と思っていますが、いかがでしょうか。

ちなみに、ボツになった名前の一例。ほんの一例です。
・シーギリヤ・・・ストレートすぎます
・ランギリ・・・黄金という意味ですが、敢えてなぜ黄金?
・アッカラーゲウェダ・・・訳:お姉さんたちの仕事、長すぎな上に外国人には意味不明
・JS・・・JapanとSri Lankaの頭文字とのことですが、センスなし
・AA・・・活動に関わる私たち日本人2名の名前の頭文字ですが、センスなし
・DWA・・・Dambulla Women`s Associationの略とのことですが、センスなし

やっぱり、響きのかわいらしいラクリヤに決まって、本当によかったです。


そのラクリヤの商品を、ご紹介したいと思います。今日は3点。


<ふわふわシュシュ>
Lakriya Hairband1
色とりどりのサリーシュシュは、つけるだけで華やかな表情に。
髪を束ねるとちょうど2巻きできるサイズです。

Lakriya_Hairband2.jpg  Lakriya_Hairband3.jpg
ちょうどよいボリュームとふわふわ感/手首にくるっと巻いてもかわいい



<まんまるポーチ>
Lakriya_Zipper Poach
まんまるのぷっくりした、愛嬌のあるポーチ。サリー模様を生かし美しく見えるように、一つひとつ布の裁ち方を工夫して縫っています。見た目以上に収納力ありなので、お化粧ポーチにしても。個人的にはとってもお気に入りの商品!



<小さな小物入れ>
Lakriya_Purse.jpg
小さいけれど使いやすい、マチたっぷりで内側ホック付きの小物入れ。
いつも持ち歩く、ティッシュやソーイングセット、リップクリーム、お薬などを1つにまとめてみても。


活動を始めた当初は、商品はたった1つ、シュシュだけだったのです。それが、今となってはこのようにいろいろとご紹介できるまでになりました。改めて、感慨深いなーと思います。他の商品も、早くご紹介したいと思います。



今日、国営放送のラジオ番組に出演しました!スリランカ女性の活動にフューチャーした企画だそうで、当ラクリヤの活動についてのインタビューがあったのです。昨日の夕方、「明日ラジオでしゃべってね、よろしくー」と電話があり、よくわからないままあまり気にせず朝オフィスに行くと、全国放送と言うではないですか!公の場で話すようなきちんとしたシンハラ語はしゃべれないのにいいのかな、と思いつつしゃべらせて頂き、結果とっても楽しかったです。記念に録音しておけばよかったです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。