スリランカのゆるーい歩き方               Featuring ダンブッラ&シーギリヤ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスムード

象さん今日はクリスマスイブ!
口に出してみるだけで、やっぱり大人になってもうきうきするイベントですよね、クリスマス!
そんなクリスマス、ここダンブッラの町では最も縁遠いイベントのひとつでした。

先月から、いつ、町の店の先々にクリスマスツリーが並んで、店先にはプレゼントにぴったりな品々がディスプレイされ、ひょっとしたらゲストハウスの並ぶ通りや町の目抜き通りなどは、電飾でちょっとしたライトアップもされるかも、などど想像して楽しんでいたのですが、考えが甘かった。
やはりここはダンブッラ、黄金の大仏の鎮座される町、異教徒のイベントにミーハーに乗っかるような文化は持ち合わせていないよう。(日本のクリスマスは、宗教行事というよりは一つの習慣、イベントごととして根付いているので、個人的には賛成なのです。何より、子ども時代のクリスマスプレゼントの嬉しさといったらないですものね!)

いつになっても、クリスマス仕様の町にはなる様子はありません。万事について準備の遅いスリランカの性質上、クリスマスの準備が遅れてしまっただけではと思い、念のため昨日、イブのイブである23日にも町の様子を見に行きました。
やはりクリスマス仕様にはなっていない。強いて挙げるならば、フードシティという、チェーン店のスーパーマーケット(といってもダンブッラのそれは日本のコンビニくらいのサイズです・・、コロンボなどでは2階建てのものなどもあるのですが)、そこの店員さんがサンタクロースの帽子をかぶってくれていました。ようやく見つけたクリスマスの気配にほっとして帰宅しました。
それくらい、クリスマスと縁遠い町であったのでした。


しかし!コロンボ周辺となれば、状況は一変します。
12月は2度コロンボへ行っていましたが、おしゃれなエリアを中心に、クリスマスムード全開でした!町で見つけたステキなクリスマスツリーをご紹介しますね。


Xmas treehilton
ヒルトンホテルのロビーにある、それはそれは大きなツリー

このツリー、サンタクロースの人形を積み上げてつくられています。このサンタさんが愛らしいのです。いろいろな国のサンタクロースをモチーフにしています。

Xmas treehilton4  Xmas treehilton2
トラディショナルなサンタ、なるほど愛着のあるタイプ/ハワイのサンタってこんな格好なんだー

Xmas treehilton1  Xmas treehilton3
パプワニューギニア!初めてみました/スリランカ、あれ?こっちでも見たことないな!?

Xmas treehilton5japan
日本・・・ 
うそつきーーー!こんなサンタいない!!
だいたいなんですか、この偽仙人のような様子は。

つまり、いろいろな国の実際のサンタではなく、あくまでスリランカがイメージするいろいろな国のサンタだったのでした。まぁ、これはこれでかわいいですよね。



次は、エコなクリスマスツリー。


コロンボのフラワーロードというおしゃれ度数の高いエリアにある、カフェコモンズのツリー
Xmas treecefecommons1

よーくよく見てください。このツリー、素材は何からできていると思います?

Xmas treecafecommons2
ペッボトルと空き缶なんです!しっかりとコーラの文字も残ってます。


次は、コロンボからバスで50分程度のビーチリゾート、ニゴンボ。ここにあるブラウンズビーチホテルで見つけたツリー。
Xmas treevegombo1

これは、ちょっと遠目ですね、素材がわかりますか?

Xmas treenegombo2
まさかのココナツの殻です。
再利用もここまでくるとすごい。完全に家庭ごみですよ、これは。スリランカ人の大家さんに見せたところ、驚きというか、むしろすごおく新鮮な顔をしていました。でも、電飾などつけて光らせると、幻想的に美しく見えるから不思議。


あひるクリスマスの25日は、スリランカでは祝日。3連休です!明日からヒッカドゥワという南のビーチに、ダイビングをしに行ってきます。南は、今まさにダイビングのシーズン到来。ウミガメには出会えるかもしれないなぁー。常夏のクリスマスを過ごしてきます。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。