スリランカのゆるーい歩き方               Featuring ダンブッラ&シーギリヤ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコクの思い出

大変にご無沙汰しています。
気付けば、前回の更新から早1ヶ月・・・。前回バンコクへ行ったことを書きましたが、その後が怒涛のイベント尽くしだったのです。1か月間のイベントラッシュは、帰国当日、クルネーガラという町のジャパン・デイというイベントのお手伝いに始まり、両親来訪という極めつけのイベントで、3月12日に幕を閉じました。

両親が、この自然いっぱいでスロータイムの国、スリランカへ。
どんな友人が遊びに来るよりもスペシャル・ケアが必要であることは容易に想像できるだけに、事前準備がまず大変。そしてツアー中もいろいろ大変、、、と思っていましたが、結局一緒になって楽しんでいるうちに、12日間の滞在はあっとゆう間に過ぎていきました。



さて、今日は、写真を見返すだけでもその都会ぶり(スリランカとの比較です)に興奮する、バンコク旅行についてです。タイ古式マッサージ取得にほとんどの時間を割いたわけですが、クラスが終わった19時以降とオフの日には、とにかく出歩いて食べ歩いて、と遊んできました。それでは、バンコクでの楽しかった過ごし方(途上国からバンコクへ行った場合に限る)、ベスト3をカウントアップで紹介したいと思います。


楽しかったこと、1番!

「日本食」

コロンボに4件ある(チェーンもあるので店舗数は6、コロンボ郊外にも1件あるので、実際は合計7店舗)日本食料理店ですが、首都に数えるほどしかないということ、信じられないですよね!?しかもホテル内のお店などは、味はまぁまぁという感じなのですがそれでもお刺身などは食べられるネタも限られていますし、寂しい限りの日本食事情なのです。その点、バンコクは通りを歩けば日本食屋さんに出会える!!すべての夕食と昼食は、日本食を食べて過ごしました。

BKK unagi1
まさかのうなぎ!!!

BKK unagi2
美しい盛り付けにも大興奮です


BKK wasyoku4   BKK wasyoku3
初日はもつ鍋、博多の有名店がバンコクに/なんと大戸屋までも!!

BKK wasyoku2   BKK wasyoku1
お刺身に、、、、そして念願のいくら!食べたかったものナンバー1はいくらだったのです!

BKK tahifood2   BKK thaifood1  
タイフードももちろん食べました、マンゴータンゴのデザート/屋台ご飯


見てるだけでお腹いっぱいになりそう写真だらけですみませんが、まだまだ私のカメラにはたくさんの日本食が収まっています。お見せできず残念ですが、和食食への興奮度合いが伝われば幸いです。




楽しかったこと、2番!

「ショッピング」

高級デパートからチーププライスが嬉しいマーケット、そしてオーナーさんこだわりのおしゃれな雑貨店など、とにかくショッピング天国でした!特にウィークエンドマーケットとナイトマーケットの2つのマーケットを歩きまわり、ざくざく掘り出してきました。

BKK chiko
日本人にはとても有名、chikoさんの店内、ディスプレイの美しさにため息です


BKK market1
ウィークデイマーケットにて、何気ないお店がおしゃれです


BKK shop
Beauty Buffetというキュートなお店、ここは韓国系の化粧品のお店




楽しかったこと、3番!

「ナイトライフ」

特に夜に出歩くということは、スリランカではコロンボで少しできるだけで、できるといっても本当に限られた遊びです。バンコクでは東京のように、多様性においてはそれ以上の、たくさんの過ごし方がありました。

BKK night1
ナイトクラブにて、お立ち台に白クマ?が登場


BKK show
ニューハーフショーの定番、カリプソにて。
大御所のマンボーが少し不便な場所に移動してしまったので、こちらへ。あまりのお姉様たちの美しさに、女性3人旅の私たちは、「女に生まれたからには綺麗を心がけなきゃ罰が当たるね・・・」と反省。

BKK skaybar
スカイバーでの最後の夜
私たちの泊まっていたホテルのビルの最上階にレストランコンプレックスがあり、その屋外部分がこのバー。
ベッドに寝転びながら夜景が見られるつくりでとっても素敵でした。


とにかく感動の連続のバンコク旅行でした!
実はタイへは10回以上行ったことがあったのですが、今回はスリランカからの渡航ということで、新鮮さが倍増。次はマッサージの足つぼコースの取得と合わせて、バンコク旅行を計画したいと思っています。



忙しさについ時間を大事にできないのが最近の反省点。実はスリランカでの活動を始めて、もうすぐ1年なのです。自分でも驚いてしまいますが、残りの任期は1年。初心に戻ろうと誓ったが先日のこと、このままあと1年突き進むべし!!

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。