スリランカのゆるーい歩き方               Featuring ダンブッラ&シーギリヤ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリケット アジアカップファイナルマッチ in ダンブッラ

昨日、スリランカに来て初めての体験、ということを久々にしてきました。
クリケットの試合観戦です。スリランカ人友人たちにスタジアムへ連れて行かれるまで知らなかったのですが、ダンブッラのクリケットスタジアムで、スリランカ対インドのアジアカップ決勝戦があったのです。どおりでダンブッラの町中は、スリランカ国旗を振り回す人々が頻出していたのだと合点がいきました。


cricket ticket
チケット この席は750ルピー(約600円)
意外にもきちんと作られているチケットを手にしたので、びっくりです


日本ではなじみが薄いのですが、イギリス発祥のクリケット、実は世界で2番目の競技人口だそう。(インドでの驚異的人気が競技人口を釣り上げているのでしょうね。)ここスリランカでも、国技のバレーボールを凌いで国民的人気のスポーツ。そしてナショナルチームはスリランカ国民の憧れの的です。

cricket team
スリランカナショナルチーム
青のユニフォームがトレードカラーで、チーム別名「ブルーライオン」



会場に入って、その盛り上がりにびっくり。どこかのクラブを思わせる大音量のミュージックが流れ、それを凌ぐ大声でとにかく叫びます。一部の人たちは、クラブさながらに踊ります。


cricket kaijo2
さっきまで踊っていた2人、バッターが立つと「スリランカー!」コールで会場を盛り上げます


cricket kaijo1
観戦に欠かせないのがスリランカ国旗


cricket kaijo3
アウトになりベンチに帰る選手(写真下)に声援を送る観客
悔しそうな選手の姿に、あまり思い入れがないのにうるっときてしまいます
会場の一体感、恐るべし



このアジアカップ ファイナルマッチの結果ですが、インド268:スリランカ187で、完敗でした・・・。

cricket ceremony
表彰式
写真右:賞品のTATA車に集まるのがインドのナショナルチーム
写真下:背中を向ける青のユニフォームの集団がスリランカチーム


さて、はじめて試合観戦をした感想。
●試合が長い
とにかく長いです。14:30に始まったこの試合、終了は22:00を回っていました。閉会式まで見たので、23:00まで会場に滞在。休憩の多さと長さを考慮しても、長すぎです。またスリランカ人が、この長時間シートに座っていられる忍耐力があることに驚きです。
●試合が単調
クリケットファンの方に叱られそうですし、じっくり観戦すると奥が深いのでしょう。しかし、完全に素人の私でも、しばらく見ているとだいたいのルールがわかってきます。そして試合の運ばれ方は14:30から22:00まで終始同じです。けっこう早い段階で飽きます。


もう、よっぽどの理由がない限り、会場に足を運ぶことはないかもしれません。それでも、国民的人気のクリケット観戦、体験できてよかったです。これからは、スリランカ人とのトークの中で、あまり盛り上がれないので避けていた「クリケット」というジャンルものることができそうです。新しいバラエティができました。



今日はポソンポーヤ(ポーヤ=満月で仏教行事・祝日)なので3連休!東海岸のトリンコマリ―というビーチリゾートへダイビングトリップに行ってきます。東部への渡航が解禁になってから初めての訪問。内戦地だった場所を訪れるのも初めてです。しっかり見てきたいと思います。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。