スリランカのゆるーい歩き方               Featuring ダンブッラ&シーギリヤ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリンコマリー トリップ!続編

トリンコマリー・トリップの続きです。前回は、日本人旅行者のバイブル「地○の歩き方」にも紹介されない、トリンコの観光地を中心に紹介しました。今日は、旅のメインのダイビングについて、そしてホテルなどをご紹介します。
(ちなみに、日本のバイブルは「地○の歩き方ですが」、オーストラリアが出版元の世界中の旅行者のバイブル「ロンリープラネット」英語版には、トリンコの観光情報がバッチリ載っていました。3ページ半にもわたる情報には、詳細な地図のほかにレストランやゲストハウス、銀行の情報までが!さすが、と関心しましたが、日本版も負けていてほしくありません。東部も北部も今が載せどきですよー。)


まずはダイビングについて。トリンコマリーはサンゴ礁が手つかずで残っていることで有名。南西海岸でもダイビングは楽しめるのですが、サンゴ礁はほぼ死んでいて、色とりどりの魚は見応えあるものの、ちょっとがっかりすることと思います。なので、前評判の高いトリンコでのダイビングは、メンバー全員期待でいっぱいで臨みました。


トリンコマリー お勧めダイビングショップ・・・・・・・・・・・・・
「Poseidon Diving School」
Addres:No.4 Irrakkakandi, Nilaveli, Trincomalee
Tel:0717069442

ヒッカドゥワが本拠地で、機材もサービスもインストラクターさんたちも、安心してお勧めできます!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Trinco diving
ダイビングショップ外観
到着してこの小屋が目に入ったときは、まさかこれがショップとは思えませんでした。だって、どうみても小屋です。不安になったものの、小屋の中からは、そことは不似合いなほどきちんとメンテナンスされた機材が出てきて、一安心。



Trinco divingboat
ポイントへはボートです
ショップの前の川が海へとつながっているので、ちょっとしたリバークルーズも楽しめます



さて、今回初めてトリンコで潜っての感想は、サンゴ礁が本当にきれいということ。潜ったメンバーで一致した意見は、「透明度は予想以上に低い 魚は思ったほどいない バラエティもそれほど多くない サンゴ礁がきれいなことに尽きる」という感じでした。前3つの感想を補っても余りある、サンゴ礁の美しさでした。




次は、ホテルについて。トリンコマリーは、スリランカ人に人気のリゾートで、慢性的な客室不足。今回も、1泊目は予約がとれずにゲストハウスに宿泊。2泊目に、このリゾートホテルに移動しました。

トリンコマリー お勧めホテル・・・・・・・・・・・・
「Chaaya Blue Trincomalee」

スリランカを代表するホテルチェーン、ジョンキールズホテルグループ
ニラベリビーチの大型ホテルでは、一番雰囲気が良く、食事がおいしく、清潔。
とてもお勧めです!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Trinco hotel Trinco hotel2
スタンダードの客室 ブルーが基調で清潔/感じのよいプール



さて、トリンコマリーといえば、ムスリムの町。文化が違えば食事も異なり、シンハラ人のコミュニティに住む私たちにとっては、新鮮なものもありました。


Trinco roti Trinco donuts
ロティ、奥のカレーは牛カレー!ムスリムならでは!/見たことのないドーナツ


Trinco yatai
木です
これを、皮をむしってかじって食べるのだそうです。これはスリランカどこでもあるらしいのですが、私は初挑戦でした。どうせ木だし、と思ったら、香ばしいナッツの風味がくせになる味。気付くと何本も食べられました。




最後に、ドライブ中の東部の乾燥地帯らしい光景。

Trinco road


初めてのトリンコマリーで思ったことは、この小さなスリランカにも、多様な地域があるなー、ということ。新鮮な気持ちで、「新しいところを旅行した!」という気分になりました。コロンボからはかなりの長距離移動になりますが、開発途中のこの地域、ぜひ大型リゾート地になる前の、今の姿を見てみてください。



明日はコロンボで、スリランカ日本人会の盆踊り大会が催されます。日本の夏祭りのように、食べ物の屋台や金魚すくいなどの出店がたつという、うきうきする行事なのです。去年は、焼き鳥と生ビールに興奮しっぱなしでしたが、今年は落ち着いて臨もうと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。