スリランカのゆるーい歩き方               Featuring ダンブッラ&シーギリヤ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産8つに!

先日、第34回世界遺産委員会が開催されていました。
7/25-8/3、ブラジルの首都ブラジリアにて。
この委員会では、おもにユネスコの世界遺産に申請されている物件を、新たにリストに登録するかなどを話し合います。


そしてとてもうれしいことに、7/30、スリランカに8つ目の世界遺産が誕生しました!


The Central Highlands of Sri Lanka:スリランカ中央高地・・・・・・・・・・・・・・・・・
・世界自然遺産
・スリランカ中央部の丘陵地帯は、絶滅危惧種や固有種が多く、多様な自然にあふれた場所
・ヌワラエリヤを拠点にアクセス可能、ただし公共交通機関での移動は難しい
ユネスコの公式HPも参照ください!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


中でも、旅行者に人気なのは、Horton Plains National Park:ホートンプレインズ国立公園 でしょう。ここはワールズ・エンドという景勝地で有名。1,000m以上の高さの絶壁が切り落ちた状態で、眼下の景色は素晴らしいです。この国立公園は散策コースがいくつかあり、所要時間や体力によって調節できます。私が行った時には、約3.5時間のハイキングコースを歩きました。



先日、オフォスのメンバーと行った際の写真で、ご紹介します。


Hortonplains road
散策路はこんな感じ



Hortonplains taki
途中、滝がたくさんありました



Hortonplains warldsend
ワールズエンド
断崖絶壁です、写真から伝わりにくいのですが、この眺めは素晴らしいです!
眼下には、ベリフルオヤという町が見渡せ、ぽつんとした町の感じがとてもよかったです




また、この国立公園では動物たちに出会うことも多いようです。

出会った動物たち(希少であると思われる順に書きます)
・サル
・インド水牛
・インドイノシシ
・スリランカサンバー(しかです)
・スリランカヒョウ


なんと、スリランカヒョウに出会ったのです!!!
国立公園の職員さんも一緒にいたのですが、彼が一番興奮していました。100回行っても1回見られるか見られないか、だそうで、彼自身もあまり出会ったことがないと言っていました。目撃時間、約15秒。ヒョウの音もなく走る姿や毛皮の様子はとてもかっこよく、写真を撮るのも忘れていました。後悔です。


Hortonplains leopard  Hortonplains nobuta
展示室のヒョウ、実物の方がりりしい顔です/イノシシ、人に慣れてえさをねだりに来ます




Hortonplains member
今回いっしょに行ったオフィスのメンバーたち


国立公園入り口には、このような感じの良いオープンエリアがあり、いすとテーブル、ごみ箱などが設置されています。朝食を持参して朝早く到着し、草原を眺めながらの朝食、というのがお勧めです。宿泊ホテルで、ぜひミールボックスを用意してもらいましょう。


世界遺産が8つに増え、いよいよ盛り上がるスリランカの観光事情。
今後が楽しみですねー。




今スリランカは、外国人ツーリストの観光シーズン真っただ中。そして日本はもうすぐお盆ということもあり、最近は日本人の姿をよく目にするようになりました。明日から友人が2人、日本から遊びに来てくれます。約1年4カ月ぶりの再会がとっても楽しみですが、日本での友人たちの近況報告の数々に驚くことと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。