スリランカのゆるーい歩き方               Featuring ダンブッラ&シーギリヤ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧れのリゾート

先日、アマンリゾートに泊まってきました。

この世界のアマンリゾート、タイやインドネシアのバリなどアジアを中心に、ほかにもアメリカやフランスなどにリゾートホテルを展開。その地域の独自性を生かしたホテルづくりや、素晴らしいホスピタリティで、「一度は泊まりたい憧れのリゾート」、と言われます。とにかく憧れの存在であり、大人のための隠れ家であり、ハネムーンや記念日旅行をおいてはそうそう手の届かないホテルといえるでしょう。

そのアマンリゾートが、なんとここスリランカには、2つもあるのです!!
この小さな島に2つも!
そして驚くべきことは、その料金。ほかのアマンリゾートが1室1,000ドルなど普通、という中で、この2つのアマンは400~500ドル前後(シーズン等により変わります)。2名利用なら、1人200ドルから!世界のアマンが、手に届く料金なのです!

ホテルは、ゴールのフォート地区の中に1つあり、「Amangalla アマンガッラ」。そしてもう1つは、南のビーチのタンガッラにあり、「Amanwella アマンウェッラ」といいます。




さて、今回行ってきたのはアマンウェッラ。

アマンウェッラ (amanwella)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
場所:Tangalle
電話:+94 472241333
アクセス:コロンボから車で4時間半位、タンガッラの町の手前です
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Aman pool
オーシャンビューの素敵なプール
プールサイドの感じがとってもよかったです!
このヤシの木の生い茂る雰囲気が、南国ムードとリゾートムードを醸し出します。家の周りにも、どこにでもいくらでも生えている木で普段はありがたみなどないのに、不思議なものです。



Aman souvenirshop Aman library
左:お土産さんも感じのいいものばかり!が、非常に良いお値段のものばかりが並びます
右:ライブラリーには日本語の本や、ネットのつながるPCもあります
ちなみに中央に写りこんでいるのはホテルのマネージャー、ピエトロさんです。丁寧に館内の説明をしてくださりありがたかったです!熱心な説明のあまり、気づいたらライブラリーのみの写真がありませんでした。


パブリックスペースは、プールをはじめレストランもバーもとても雰囲気が良かったです。豪華できらびやかで派手な感じではなく、スリランカの自然に調和した、リラックスできる空間でした。


そしてさらに感じが良いのは、客室です。今回泊まったのは、オーシャンスイートという、ランクの高いほうのお部屋。そちらが空いていたので、無料でアップグレードをしてくれたのです。なんてラッキー!(実は、予約の段階から、当日空いていたらアップグレードしてねー、とアピールしておりましたが。。)お部屋からは、その名の通り海がドーンと見えました。さらにプライベートプール付き。設備が整っていて快適なのはもちろん、内装もナチュラルで素敵なので、プールや海にいかずとも、お部屋で1日過ごしたくなります。


Aman room1
お部屋で1番気にいった場所!
バスタブにつかりながら海が見られます!!


Aman room2
とても広いテラス
デイベッドやテーブルのセットがあり、快適
向こうに見えるのは、ホテルのパブリックスペースがある建物です


レストランのお食事もとてもおいしく、夕食にはビーチにある離れのようなレストランで、シーフードバーベキューを選びました。バーベキューといっても、その場でじゃんじゃん焼いて食べるというようなものではなく、スタッフさんが焼いてくれて、お皿に1人1人きれいに盛り付けたうえで、テーブルまで運んできてくれます。残念ながら夜は大雨だったのですが、晴れていればオンザビーチでのプライベートバーベキューもできるようです!ぜひ試してみたいものです!
もちろんアラカルトもあり、メニューから選ぶこともできます。しかしメニューに載っているお料理の数がとても少ない。あれ?と思いますが、それは、メニューにないものでもオーダーすれば、その日ある食材を使って希望のものを作ってもらえる、ということなのです。お客様が食べたいものを出すことがサービスなのですね、さすがですー。


アマンでの滞在は、とにかく素晴らしく、何も文句がありませんでした。スリランカでは、高級ホテルに泊まっても、宿泊費の高い流行りのブティックホテルに泊まっても、「何も言うことなし!」という滞在はめったにないといってよいでしょう。例えば、設備の面では、バスルームのお湯の出が悪いとか、リネンが古ぼけてよくないとか。サービスの面では、レストランで頼んだ飲み物がまちがってやってくるとか、お部屋のお掃除が足りないとか。もちろんそれらがあっても素晴らしいホテルはたくさんありますし、泊まれば大満足をします。ただ、「こうだったらもっといいのに」と思うことがあるのです。その点、今回の滞在ではそう思うところがなく、パーフェクトリゾートのアマンを、このスリランカでも実現できるのだなーと思いました。



今週末は、アクレッサという南の町に行ってきます。ここは理数科教師をしている方の任地で、「原爆展」という日本の原爆を伝えるイベントがあります。文化紹介でよさこいソーランも披露するのですが、私はそのよさこいのほうに参加してきます。このよさこい、踊ってみると意外にも楽しいんですよー。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

むむむ。アマン、行かねば。同期旅行でいこうかな。

HITORI | URL | 2010-11-19 (Fri) 08:34 [編集 ]


ありがとうございました

はるばる遠いアクレッサまでお越しくださり、
ありがとうございました。
校長先生、ほかの先生、学生たちみんな大満足でした。

パーフェクトサービスがスリランカにもあるんですね。
ぜひ体験したいですねえ。

ETSU | URL | 2010-11-28 (Sun) 14:39 [編集 ]


Re: タイトルなし

v-524HITORIさん
同期旅行もよいけれど、完全にカップル仕様のお部屋です(お部屋に無造作にあるバスルーム参照)。
いっしょに行ってくれる方を探しましょう、アマンを目標に!

anri | URL | 2010-12-01 (Wed) 01:29 [編集 ]


Re: ありがとうございました

v-524ETSUさん
Dr.ETSUさんの学校での一面が見られて、とても有意義でした!
こちらこそありがとうございました。

anri | URL | 2010-12-01 (Wed) 01:37 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。