スリランカのゆるーい歩き方               Featuring ダンブッラ&シーギリヤ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サリーで新しいお土産を!

ダンブッラ・シーギリヤのお土産物といって、思い浮かべるものは?



・・・・・・そうです、何もありません。
ここにやってきた当初は、ないと言ってもなにかあるだろうと思っていましたが、1年7か月を過ごしてきて、本当にないのだと確信しています。

お土産屋さんには、バティック(ろうけつ染め)の小物や、木彫りのゾウなどが並びますが、これらはダンブッラ・シーギリヤの特産品ではなく、スリランカ中どこでも売っています。
敢えて挙げるならば、シーギリヤロックを刺繍したTシャツや、シーギリヤロックを模した素焼きの小物入れなどというものもあるのですが、手に取ると、とてもじゃないけど購入する気にはならないものばかりです。



おしゃれで、スリランカらしくて、お土産として持ち帰りやすいコンパクトなもの。
さらに、製品には購買意欲を刺激するような、ストーリーがあればなおよし。
そんな素敵なお土産があればなーと思いながら、ないのならば、作ろう!と思いたちました。
そして今年の始めから始めたのが、「サリー小物」を作る試みです。

スリランカ女性の民族衣装である、サリー。1枚の布からなり、体に巻きつけて着用しますが、色とりどりで本当に美しいのです!この古サリーを活用して、小物を作っています。


Lakriya saris
サリーとは、こんな衣装です(ダンブッラ群事務所の同僚たち)


作るのは、ダンブッラ・シーギリヤ地域の女性たち。私の所属するダンブッラ群事務所には、Women`s Association(婦人会)という組織があり、地域の女性たち、主に主婦の方々から成っています。その会合で、当活動の説明を数度行ったところ、お土産物作りに興味のあるメンバーが集まりました。

まぁ予想通りではありますが、当初は、まったくの初心者の人もたくさんいることもあり、製作活動は難航。特に、品質の面で、ツーリストにもアピールできる商品がなかなかできませんでした。。いくら初心者が作っているからといっても、ツーリストに買ってもらうためには、デザインだけでなくクオリティも大事。しかしスリランカ人の性格は、大雑把で面倒なことが嫌い。手がかかることは大胆にざっくりと省きます。型紙をつくらないで、カンのみを頼りにバッグを作成してみたりします。なので、2度と同じバッグはできません。それじゃあダメで、「商品にするには、同じデザインンのものを、同じサイズで、ボタンの位置も同じところにつけて、作らなきゃだめなんだよ」と、何度も言ったり、時にはクオリティのみに絞ったレクチャーをしてみたり。何とか今では、短期ボランティアで裁縫をおしえてくれる方が来て下さったことがとても大きいのですが、きちんとした「商品」を作ることができるようになりました。それでもまだまだ、白い布なのになぜかオレンジの糸で縫ってきたり、ボタンを2つつける商品に、気を利かせて3つつけてきたりと、予想外のことをしてくれて、楽しませてくれます。



Lakriya all
メンバーたち こんなにたくさんの商品が作れるようになっています!



Lakriya class2 Lakriya class1
左:時には外で裁縫クラスを実施 右:いろとりどりのサリーを並べてデザイン合わせ


この活動メンバーは、現在11名で、1名を覗き全員が主婦。ふつう、家庭に入った主婦は外での仕事を持ちません。なので、メンバーはこの活動を通して、内職というかたちで、ちょっとしたお仕事ができるのです。これはとっても喜ばしいこと!ダンブッラ・シーギリヤの新しいお土産物を開発しながら、彼女たちのお仕事にもなるのです。観光地であるこの地域の強みを生かし、地元の女性たちがそのメリットを享受できるのなら、素晴らしいですよね。


さて、これらのサリー小物、今ではダンブッラ・シーギリヤ地区のホテルのお土産物屋さんを中心に、販売されています!
こちらにお越しの際には、ぜひお店を覗いてみてください!!
特にカンダラマホテルは、バワ建築で有名な、景色の素晴らしいホテル。観光の合間のティータイムに立ち寄りつつ、ショップを覗いてみてください。

・カンダラマホテル(Kandalama Hotel) / カンダラマ
・アマヤレイクホテル(Amaya Lake) / カンダラマ
・ジェットウィング ヴィルウヤナ(Jetwing Viluyana) / シーギリヤ
・チャーヤビレッジ(Chaaya Village) / ハバラナ


次回は、実際の商品をご紹介したいと思います!
初めはたった1種類の商品から始まったこの活動、今では商品も多種あるんですよー。



明日はアマヤレイクホテルに、商品の納品に行ってきます。このホテルのショップは、委託販売ではなく、その場で現金で買い取ってくれるんです!とっても親切なシステム。これで、12月の工賃を、生産者さんに渡せます!クリスマス前に渡したいなーと思いつつ、ちょっと資金不足が不安だった今日この頃。新しいオーダーは本当にありがたいですー。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いいですね!

こんにちは!12月にスリランカ予定…未だに予定のままです。実はビザがまだ発給されずにいます。もう10日を切ったのに(涙)。

さて、サリーを使った小物、雑貨、あったらいいなぁ~と考えていました。Mother houseのバングラ鞄も、ハナビラシリーズは内布にサリーが施されていますよね。ステキ☆

ダンブッラにも滞在予定ですので、是非これらの雑貨を実際に拝見したいです!!お手数とは思うのですが、もしよろしければメアドを教えていただけますか?連絡させていただければと思います☆

nao | URL | 2010-12-07 (Tue) 16:01 [編集 ]


Re: いいですね!

v-524naoさん
遅くなって申し訳ありません!ご出発までに、この返信が間に合っていればいいのですが。
ぜひサリー製品、見にいらしてください。
メールは、ブログ内の左側中断あたりに、「メールフォーム」がありますので、そこからメールを頂ければと思います。
また所属先のダンブッラDSは、町からスリーウィルで5分弱、徒歩も可能です。
もしもふらっと訪れて頂いても、オフィスにいればお会いできますし、外出していてもダンブッラ付近におります。
お越しの際には携帯電話(0778880761)にご連絡ください。

anri | URL | 2010-12-14 (Tue) 02:13 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。