スリランカのゆるーい歩き方               Featuring ダンブッラ&シーギリヤ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンブッラでのクリスマス

先週末はクリスマス。スリランカで過ごす2回目のクリスマスは、24,25日ともに地元ダンブッラで過ごしました。ダンブッラではクリスマス気分はまったく期待できないことは、昨年思い知っていました。
なので今年は、むしろ気分だけではなく、本当のクリスマスを味わってしまおうと思い、スリランカ人でクリスチャンの方の誘いにのって、25日のクリスマスミサに行ってきました。



Xmas2010 kyokai
イナーマルアという町の教会、外観は普通の小さな教会



Xmas2010 misa
捧げものを神父さんに渡すところ
まさに神父さんの前にいるのは、お友達のドゥーリーカさんです。
ミサに遅れてやってきたのに、悪びれもせず捧げものをしていて、「あー、スリランカだなー」と納得。



Xmas2010 Juliet
ミサに誘ってくれたジュリエットさん
サリーにお祈り用のベールという出で立ちは、なんだか新鮮!



ミサは、朝9:30に始まって約1時間半ほど。教会内は席がまったく足りない位人であふれていて、ざっと見た感じ250人以上はいた様子。シンハラ語の讃美歌が聞けたり、意外にもてきぱき取り仕切られるミサの様子を見るのは、おもしろかったです。
驚いたことは、私のほかにも、外国人の参加者がいたこと!特に大きな教会でもないのに。ヨーロピアンの家族連れのツーリストでした。敬虔なクリスチャンで、25日のミサを欠かしたくなかったのか?スリランカのミサに興味があったのか?と、気になったので観察していたところ、写真を撮ったりする様子から、参加の動機は前者のようでした。神父さんは、外国人の姿があったことに大変気を良くし、お話の一部を英語でも話してくれたり、ミサが終わった後に話しかけてくれたりと、歓迎してくれました。



ミサの後は、ジュリエットさんの家へ。クリスマスだからご馳走を食べよう!とのことでしたが、ご馳走とは・・・、
Xmas2010 okashi Xmas2010 cari
左:お祝い事では必ず出てくるお菓子たち、どれもおなじみすぎます
右:いつも通りのカレー、ただしカレーの種類がいつもの倍くらい
クリスマス気分はまったく盛り上がらないご馳走ではありますが、ありがたく頂きました。



Xmas2010 Jukietkazoku
ジュリエットさん一家の記念写真。
左の長男くんは、目下神父さんになるため、キャンディで勉強中!神父さんになるには10年かかるそうで、まだまだ長い道のりだそう。
右の二男くんは、キャンディのゲストハウスでお仕事をしています。対照的な2人!



今年はダンブッラで、スリランカ式クリスマスを満喫できました。また、いつもの生活で接するのは仏教徒の文化ばかりなので、ほかの宗教の行事に参加できたことが、新鮮でおもしろかったです。



明日は、サリーで小物を作っているダンブッラ婦人会の、年内最後のクラス&ミーティング。年内最後だよ!と告知してあるので、全員そろったら嬉しいですー。
しかし年末とはいっても、こちらのシンハラ正月は4月なので、12月27日の今日になってもまだ年末の気分がしこないのですが。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。