スリランカのゆるーい歩き方               Featuring ダンブッラ&シーギリヤ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショップビジット

サリー小物のLakLiya、現在ダンブッラ・シーギリヤエリアのホテル5軒と、お土産物屋さん1軒で販売中です。先日、メンバーのみんなで、それら販売先のショップを訪問してきました。目的は3つ。まず第一に、私たち日本人の帰国後は、彼女たちが販売先との折衝をすべて行うことになるので、担当の方々との顔合わせ。次に、販売先のショップは、どれもかなりのハイエンドなホテルばかり。そんなに素敵なところで売られているのだなーと、実際に見て自分たちの商品と活動に自信を持ってもらうため。そして最後に、楽しいから!車をチャーターしてドライブするのは、もう気分は遠足です!しかも地元の方々にとって、高級ホテルに堂々と入れる機会はなかなかありません。この機会に楽しんでしまおう、ということなのです。



Shop Visit2
ショップマネージャーさんの話を聞くメンバー、予想外に真剣です!




Shop visit1
「私が作ったの!」と、メンバーのマノリさん
彼女は、この活動をする前は完全に専業主婦でした。お裁縫の学校を出てはいましたが、残念なことに技術を活かせていませんでした。今では、メンバーの中でも、毎月のお給料額トップ1または2です!




Shop visit shugo
シーギリヤロックをバックに集合写真
日本式写真撮影「ピース」は、みんなの得意技。


ちなみにここは、シーギリヤロックを裏から眺める、写真撮影スポットです!遺跡公園内の正面からの眺めももちろん綺麗ですが、このスポットは、湖と木々と岩とが一体となった景色で、個人的にはこちらのほうが大好きです。場所は、ダンブッラからシーギリヤに着いたら、そのまま遺跡公園に入る道を左手に見ながらまっすぐ進むと、徒歩7-8分で小さな広場に出ます。その付近が、この撮影スポット。左に行けばホテルシーギリで、エレファントサファリの乗り場やスリーウィルの停車場もある、ちょっとした広場というか交差点というか、とにかく進めばここにしか行き当たらないので、迷うことはなしです。ぜひ写真を撮りに訪れてみてください。


ショップビジットは、無事に楽しく帰ってくることができました。カンダラマホテルでは、行ったそばから新しいオーダーをいただきました!しかも、「こんな製品作れない?」というオファーも!早速サンプルをいくつか作って、提案をすることになりました。やっぱりセールスは、実際に足を運んでお客様と直に話をするのが何より優先だと実感。会いに行かないと、チャンスもチャンスになる前になくなってしまいます。何事もタイミングが大事、そしてタイミングはこちらが動かなければそれと気づかず流れていってしまうもの。これは大事なので、日本に帰っても忘れないぞと心に決めました。


メンバーたち曰く、「今後は自分たちでオーダーのお伺いや納品をできるよ」、とのこと。以前は「できないー」発言の連続だったので、大変心強いです!しかし、もちろんそう簡単にはいかないであろうことは予想ができますが。。
今日もちょっと事件。今日はお給料の支払い日でした。ちょっと前までは私が計算していたのですが、今はアカウントグループの担当メンバーが行います。そこで、計算ミスが3人分も発生。生産者さんたちが自分でつけている納品ノートの金額と、アカウントで計算した金額が大きくずれているのです。原因は調べてわかったからよいものの、1人は約2,000ルピー(約2,600円)も少なく計算されていました。この地域では、お手伝いさんの日給が1日500ルピーくらい、それを考えると大金なのです。これにはみんな抗議の嵐で、嵐が起きるとすべての作業がストップしてしまうのでした。
ただ、この調子でもどんな調子でもいいので、とにかくみんなで協力して、この活動を継続させてほしい、と本当に本当に思います。帰国まで、ミーティングは残り1回!来週がラストです。寂しさはすごくあるけれど、この際別れを惜しむよりは、がんばって続けてね、というメッセージをひたすら送ってこようと思います。



今日は家から一番ご近所、というか徒歩30秒のお寺で、プージャーがありました。菩提樹の下に布をひいて座り込み、お経をひたすら唱えます。聞きあきたなーと思ってしまうこのお経も、もうすぐ聞けなくなるのかと思うと感慨深く、冷たい地面も蚊に刺されるのも気にならず、ちょっとした瞑想タイムを持つことができました。プージャーのあとはベリマルと呼ばれるお花のお茶を頂きます。これももう飲めないのだなーと思い、2杯おかわりしてしまうのでした。「もうできないかも」という気持ちは何事も前向きにとらえさせるようです!


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。