スリランカのゆるーい歩き方               Featuring ダンブッラ&シーギリヤ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンブッラのシンボル ダンブッラ石窟寺院

「3日坊主」を見事に体現いたしました。


気を取り直して、今日はダンブッラ・シーギリヤエリアの大御所でダンブッラのシンボル的存在、「ダンブッラ石窟寺院」をご紹介します。
このエリアの2大世界遺産の1つです。

象さんダンブッラ石窟寺院・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ユネスコ登録名:Golden Temple of Dambulla
登録年:1991年
開館時間:07:30~19:00
拝観料金:1,150ルピー(1ルピー=約0.78円)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dambulla Golden Budda
金ぴかの大仏様、しかもとびきり大きい

さすが世界遺産!金ぴかだ!ありがたい!!
と思ってしまったあなたは、もしダンブッラを訪れても、世界遺産を見ずして帰国することになるでしょう。というのは、これはお寺のふもとにある大仏で、近年新しく作られたもの。世界遺産ではありません。

美しいと思うかは人によりけりですが、スリランカ人には大変好評です。この大仏、ただ金ぴかで目立つだけではありません。大仏のふもとまで階段で登ることができます。すると、大仏の美しさはさておき、20km向こうのシーギリヤロックまで見渡すことができます!!このビューは大変美しく、大変お勧めなので、ぜひ見に上がってくださいね。


さて、肝心の世界遺産の石窟寺院は、大仏に向って左手、階段を上った岩山の上にあります。けっこう急な階段やら坂道を登ること約20分、入口が見えてきます。

Dambulla saru
途中、さるがたくさん 参拝者のアイス奪ってました


※ここで注意!!お寺に入るときには、以下が基本です。
・裸足または靴下
・脱帽
・露出のない服装

※もう1つ注意!!!
この入り口では拝観チケットは販売していません。
先の金ぴか大仏に向かって右手のチケット売り場(非常に小さく目立たない、小屋という感じ)で、買っておかないといけません。
でないと、急な坂を登って来ても、またチケットを買いに戻る、ということになります。このケース、かなり多いです。看板も目立たないですが、見つけてください。


さて、ようやく石窟寺院へ。入ってすぐの眺め。
Dambulla Zentai

象さん概要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スリランカ最大の石窟寺院。
この寺院の最初の建設は紀元前1世紀まで遡り、その後、各時代の王たちによって増築や修復が繰り返され、今のかたちになりました。
石窟は第一窟から第五窟まであり、年代順に1~5となっており、第5窟は1915年と、新しく作られたもの。
各石窟は、自然の巨大な岩山を削って作られ、寺院と岩山とが一体になっています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

象さん第一窟:〈デーワ・ラージャ・ヴィハーラ〉
大きな涅槃仏。注目すべきは足の裏。鮮やかな花柄で、スリランカの仏像の特徴です。
Dambulla 1kutsu


象さん第二窟:〈マハー・ラージャ・ヴィハーラ〉
寺院最大の石窟。仏像は56体も安置されています。また天井から湧き出る水は聖水とされ、「水が湧き出る岩」はダンブッラの地名の由来。
dambulla+3kutsu.jpg


第3,4,5窟もこのような感じで続きます。
ちなみに、第4窟の一番奥に安置されている大仏、他の大仏と比べると色彩が新しい感じがすると思います。これは、数年前外国人女性が肌を露出した格好で大仏に腰かけ、記念写真を撮ったため、大仏が汚れたということで色を塗りなおしました。その時のガイドさんはガイド免許を剥奪されるなど、大事件だったそうです。以来写真撮影自体ずっと禁止になっていましたが、最近になって解禁されました。
敬虔な仏教国であることを忘れないで、観光を楽しまないといけませんね。今でもここは、地元の方々の祈りの場なのです。


あひる石窟寺院の第2窟は、大好きな場所の1つです。入った瞬間の静粛さが何ともいえません。仏像を目にすると自然に拝むこと、敬う気持ちを持つということは、普段意識していなくても、日本はやはり仏教国なのだなぁと思ったりします。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ダンブッラ

私も第2窟に入った時は感動しました。
ぜひダンブッラをゴリゴリ推しまくって、
シーギリヤだけじゃないってことをアピールしてね!
これからもブログ更新楽しみにしてまーす。

maimai | URL | 2009-10-07 (Wed) 03:10 [編集 ]


Re: ダンブッラ

v-524maimaiさん
コメントありがとうございます!
ひそかな世界遺産のダンブッラ、もっともっとアピールしていきたいと思います。

panri | URL | 2009-10-07 (Wed) 18:27 [編集 ]


おお!

この写真のアングル、絵葉書にもなってるよね!
シーギリヤに行った時、ダンブッラは通っただけだったんだよね・・・
残りのスリランカ生活も9ヶ月を切ったんで、ダンブッラ・ポロンナルワ・アヌラーダプラも行かなくては・・・
情報楽しみにしてます!
おいしいもの・甘いもの関係情報もよろしく!

K | URL | 2009-10-09 (Fri) 02:53 [編集 ]


Re: おお!

v-524Kさん
もう9ヶ月切ったなんて!!隊次がすごく近いと思ってたのに、、寂しいです。
それにしても、あと人気9ヶ月にしてまだダンブッラに来ていないとは、驚愕です。
近いうちに必ずお越しください!

panri | URL | 2009-10-10 (Sat) 02:36 [編集 ]


石窟寺院

ダンブッラの石窟寺院では、以前模写が行われていたようですが、もう終わりましたか?
随分昔ですが、ヨーロッパからの観光客が、仏像の膝の上に座って写真を撮ったということで、写真撮影が禁止になった代わりに、入場料が無料になった時期がありました。それは数年で解除されたようですが、今や1,150ルピーもするのですね。ビックリです。
壁画は剥げてくるとラッサネーので、新しく描かれます。本来は結構古手の壁画があるらしいです。

nontan | URL | 2009-11-02 (Mon) 00:07 [編集 ]


Re: 石窟寺院

v-524nontanさん
コメントありがとうございます、ダンブッラ、いや、きっとスリランカにお詳しいのですね!?
模写は今は行われていないようです。
近くにあるダンブッラミュージアムに、その模写かどうかはわかりませんが、模写も展示されていますよ。

anri | URL | 2009-11-13 (Fri) 05:47 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。